[解決済み] OAGNT-183646: 位置情報の収集を無効にしていても macOS Agent による位置情報サービスへのアクセスが要求される

対象バージョン

macOS Agent 2.4.3

 

ID

OAGNT-183646

 

現象

macOS 10.13 High Sierra を搭載した macOS デバイスを加入すると、AirWatch コンソールの設定で位置情報データの収集を無効にしているにもかかわらず、ユーザーに macOS Agent (2.4.3) による位置情報サービスの利用を許可するよう求めるメッセージが表示されます。 

 

修正バージョン

この問題は macOS 向け Agent 2.4.4 で解決済みです。 

免責事項:これは英文の記事「[Resolved] OAGNT-183646: macOS Agent requesting access to location services when location collection is disabled」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Please sign in to leave a comment.