iOS (Swift) 向け VMware AirWatch® SDK 17.6.1 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、iOS (Swift) 向け AirWatch SDK 17.6.1 の一般公開のお知らせです。

最新バージョンの新機能

  • Xcode 9.1 との互換性サポートを追加。
  • ISDK-169841: 暗号化/復号 API を追加。
  • ISDK-169785: 統合認証の証明書を強制的に再取得する API を追加。

最新バージョンでのバグ修正

  • ISDK-170296: 侵害検出機能を改善。
  • ISDK-170336: 手動でビーコンを送信するとクラッシュする問題を修正。
  • ISDK-170284: Swift SDK で E メール作成の DLP 制限の設定が正しく反映されず、常にこの制限が適用されてしまう問題を修正。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、iOS (Swift) 向け AirWatch SDK 17.6.1 をダウンロードしてください。 

最小要件

  • iOS 9+
  • AirWatch 9.1.1+

iOS (Swift) 向け AirWatch SDK 17.6.1 のダウンロード手順

  • すでに SDK をご利用の場合 – Obj-C SDK とは別のダウンロード リンクから Swift SDK をダウンロードしてください。
  • 初めて SDK をご利用になる場合 – 貴社の AirWatch アカウント担当者宛てに、ダウンロード権限のリクエストをお送りください。

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

 

敬具

AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware AirWatch® AirWatch SDK 17.6.1 for iOS (Swift)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Please sign in to leave a comment.