[解決済み] CMCM-187486: コンソールで自動失効までの日数を設定していると SSP からファイルを共有できない

対象バージョン

AirWatch 9.2

 

ID

CMCM-187486

 

背景

AirWatch コンソールで自動失効までの日数に任意の値 (例:30 日) を設定している場合、セルフ サービス ポータル (SSP) で失効までの日数にコンソールでの設定値よりも小さい値 (例:10 日) を指定してファイルを共有しようとすると、次のエラーが表示されてファイルを共有することができません。

「入力した有効期限は、貴社の管理者により設定された期限を超えています。」

SSP の 失効するまでの日数 に、コンソールの 自動失効までの日数 よりも小さい値を指定できません。

 

修正バージョン

この問題は AirWatch 9.2.2 で解決済みです。

免責事項:これは英文の記事「[Resolved] CMCM-187486: Unable to share files from SSP with Auto expiry days enabled in the console」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Please sign in to leave a comment.