PPAT-1110: スリープ モードから復帰すると Windows 向け VMware Tunnel が再接続されない

対象バージョン

Windows Tunnel 1.0.0

 

ID

PPAT-1110

 

現象

Windows 向け VMware Tunnel クライアントで接続中にデバイスがスリープ モードに移行すると、スリープから復帰してもクライアントの接続が復元されず、接続の再確立も行われないことがあります。

 

修正バージョン

この問題は Microsoft 社に報告済みです。問題解決を確認でき次第、この記事を更新してお知らせします。

免責事項:これは英文の記事「PPAT-1110: VMware Tunnel for Windows does not recover connection after coming back from Sleep mode」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.