AirWatch 9.2 での匿名データの収集と分析

AirWatch 9.2 では、AirWatch コンソールで構成されているさまざまなシステム設定の匿名データの収集と分析が導入されました。

各環境の最上位レベルの組織グループ (環境に応じて「グローバル」、「パートナー」、または「カスタマー」のグループ タイプ) ですべての使用状況データが収集されます。下位レベルの組織グループで有効にされている追加のモジュールや設定は、すべて最上位のグループに関連付けられます。最上位の組織グループのグループ ID は一意なハッシュ値に変換されて匿名化されます。このハッシュ値は各機能/製品の利用者を区別するために使用されますが、この値から実際の顧客名、組織グループ名、組織グループ ID を特定することはできません。

この分析機能は既定で有効になっていますが、必要に応じて無効にすることもできます。貴社環境での分析データのご提供を希望されない場合は、AirWatch コンソールの UEIP (ユーザー エクスペリエンス向上プログラム) 画面でデータ収集を無効にすることができます。

収集される設定値

このユーザー エクスペリエンス向上プログラムでは、次に示すシステム設定の設定値が収集されます。AirWatch が取得するデータに含まれるのは「どの機能を有効/無効にしているか」の情報だけです。各設定に関連する構成データの内容は含まれていません。

加入設定

  • SAML 使用設定
  • デバイス加入モード
  • 登録トークンを要求
  • 登録トークン タイプ
  • 登録トークンの長さ
  • 登録トークンの有効期限
  • iOS の Agent 加入を必須にする
  • macOS の Agent 加入を必須にする
  • 認証方法のタイプ
  • 加入利用規約への同意を必須にする
  • 加入グループ ID 割り当てタイプ
  • 既定のデバイス所有形態
  • 既定の役割
  • 非アクティブ ユーザーに対する既定アクション
  • ユーザー役割割り当てを有効化
  • デバイス所有形態の割り当て
  • ウェルカム メッセージを表示
  • MDM インストール メッセージを表示
  • 加入 E メールのプロンプトを有効化
  • デバイス アセット番号のプロンプトを有効化
  • TLS 相互認証を有効化
  • 各プラットフォーム専用のメッセージ テンプレートを使用
  • MDM アプリ グループを許可

API 設定

  • REST API アクセスを有効化

テレコム設定

  • テレコムを有効化

VMware Tunnel 情報

  • VMware Tunnel 構成
    • プロキシとアプリ ベース トンネルの展開タイプ
    • トラフィック規則の統計
  • アプリ ベース トンネル サービスのバージョン
  • vpnd サービスのランタイム統計
  • システム情報
  • クラッシュ統計
  • セッション数と接続数およびそれぞれの期間

Content Locker 設定

  • 「サインイン状態を維持」を有効化
  • レガシー 64 設定を使用

VMware Browser 設定

  • コピー/貼り付けを無効化
  • 印刷を無効化
  • ポップアップをブロック
  • Cookie を許可
  • セキュリティ モード
  • 非アクティブでホームに戻る
  • 非アクティブ時間
  • サイト URL 選択モード - 許可
  • SDK 設定プロファイル ID
  • 履歴を記憶
  • 履歴を記憶する期間
  • 終了時に Cookie を消去
  • アイドル状態で Cookie と履歴を消去する間隔
  • プロキシ モードを有効化
  • 強制ダウンロードを有効化
  • プロキシ タイプ
  • レガシー 64 設定を使用
  • アプリケーション プロファイルがカスタマイズされているか
  • IP 閲覧を許可
  • アイドル状態で Cookie と履歴を消去
  • ホーム ボタン選択で Cookie と履歴を消去
  • キャッシュを有効化
  • Cookie を暗号化
  • 信頼できないサイトへの接続を許可

AirWatch SDK 設定

  • パスコード モード
  • 単純な値を許可
  • パスコード最少文字数
  • 最少特殊文字数
  • パスコード履歴
  • パスコードの有効期間
  • 認証タイムアウト
  • 認証タイムアウトの単位
  • 試行失敗回数の上限
  • 侵害対策
  • オフライン アクセスを有効化
  • 許容最長オフライン期間
  • 許容最長オフライン期間の単位
  • アプリ トンネルを有効化
  • アプリ トンネル モード
  • データ漏洩防止を有効化
  • コピー/貼り付けを有効化
  • 印刷を有効化
  • 承認済みアプリでのみファイルを開くように制限
  • ネットワーク アクセス コントロールを有効化
  • セルラー接続を許可
  • Wi-Fi 接続を許可
  • シングル サインオンを有効化
  • 統合認証を有効化
  • ジオフェンスを有効化
  • Bluetooth を有効化
  • カメラを有効化
  • 電子透かしを有効化
  • オーバーレイ テキスト
  • 加入資格情報を使用
  • 証明書を使用
  • E メール作成を有効化
  • データ バックアップを有効化
  • 位置情報サービスを有効化
  • コンテンツ フィルタリングを有効化
  • 認証タイプ
  • バイオメトリック モード
  • Kerberos を有効化
  • NAPPS 認証を使用
  • スクリーンショットを有効化

免責事項:これは英文の記事「AirWatch 9.2 introduces anonymous data collection and analytics」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.