AirWatch 9.2:Remote Management 3.0 インストーラでの変更

コンソールからダウンロードできる Remote Management 3.0 インストーラでは、AirWatch 9.2 から「Repair」(修復) オプションがなくなり、利用できるオプションは「Install」(インストール) と「Uninstall」(アンインストール) だけになります。

インストーラから通常の手順で入力された証明書を何らかの理由で新しくする必要がある場合 (期限切れで更新する場合や証明書が侵害された場合など)、管理者は Remote Management サーバの再インストールを実行する必要があります。

免責事項:これは英文の記事「AirWatch 9.2: Changes made to the Remote Management v3.0 installer」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.