iOS 向け AirWatch® Inbox 3.4.1 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、iOS 向け AirWatch Inbox 3.4.1 の一般公開のお知らせです。

最新バージョンでのバグ修正

AEC-184158: 返信または転送のメールに他のメールの添付ファイルが添付されることがある問題を修正。

お客様にとってのメリット

  • これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、iOS 向け AirWatch Inbox 3.4.1 をダウンロードしてください。
  • ご注意:アプリ起動時に一度、メールボックス全体の同期が実行されます。
    • E メール、カレンダー、連絡先の再同期が実行されます。
    • その時点で送信トレイや下書きフォルダに格納されている E メールは失われます。
    • 新規作成された連絡先やカレンダー イベントのうち、まだサーバーと同期されていないものは失われます。
    • 証明書ベース認証を使用していない場合、エンドユーザーはメールボックスにアクセスするために Exchange のパスワードを入力する必要があります。
    • 再同期に関する動作の詳細は、こちらを参照してください。

 

最小要件

AirWatch 8.0

iOS 9+

iOS 向け AirWatch Inbox 3.4.1 のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合 – 通知が表示されたら、アップデートを実行してください。または、App Store にアクセスしてアップデートを選択してください。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合 – App Store からダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

 

敬具

AirWatch チーム

 

免責事項:これは英文の記事「Introducing AirWatch® Inbox 3.4.1 for iOS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.