Android O (8.0) に向けての準備

Google 社は 2017 年 8 月 21 日に Android OS の最新バージョン 8.0 (Android O (オー)、ニックネームは「Oreo」(オレオ)) を公開しました。AirWatch での Android O 対応に関しては、このページの受信登録 (SUBSCRIBE) を行い、最新情報を入手できるようにしてください。このページは新しい情報の公開に合わせて随時、更新されます。

弊社のアプリケーションと Android Oreo との間に互換性に関する重大な問題が見つかった場合は、myAirWatch に既知の問題として掲載します。貴社のチームで発生した問題が既知の問題として掲載されていない場合は、ぜひ myAirWatch サポート ポータルからサポート リクエストを提出してください。

Android Oreo 対応の AirWatch アプリ

現在 Android 向け AirWatch アプリを利用している場合は、以下の手順に従って、貴社の環境に Android O に対する完全サポートを導入してください。以前のバージョンの AirWatch アプリがインストールされたデバイスでは、Android O が完全にはサポートされません。結果として、機能や操作性の面で問題が生じる可能性があります。

myAirWatch で「Product Announcements」セクションおよび「日本語ナレッジ ベース」セクションの受信登録 (SUBSCRIBE) を行い、常に AirWatch 製品の最新リリース情報を入手できるようにしてください。下記の表に示すアプリごとに、リリースのお知らせが公開されます。

Android O へのアップグレードよりも前に、エンドユーザーが使用しているアプリがすべて、新しい OS に対応した下記のバージョンになっていることを確認してください。まだ入手できないアプリもありますが、いずれも今後数週間でリリースされる予定です。アプリのリリースに合わせ、下記の表も更新されます。

:この記事の最終更新時点では、以下のバージョンのアプリが Android O に対応しています。 

アプリ バージョン

Agent

7.2

Container

未定

Boxer

4.7

Browser

6.5

Content Locker

3.7

Inbox

3.3

Video

1.1

Launcher

未定

Tunnel

3.2

アプリ ラッピング

未定

SDK

未定

AirWatch アプリ ラッピング

アプリ ラッピング サービスを使用して AirWatch 環境に展開されているアプリはすべて、Android O をサポートする新しいバージョンのアプリ ラッピング サービスでラッピングし直す必要があります。この更新バージョンは、今後数週間でリリースされる予定です。アプリ ラッピング サービスの更新後に、各アプリの新しいバージョンを AirWatch コンソールに追加し、AirWatch を介して展開してください。

AirWatch SDK

現在、AirWatch SDK を使って開発したアプリを利用している場合は、Android O をサポートする新しいバージョンの AirWatch SDK を使ってアプリを更新する必要があります。この更新バージョンは、今後数週間でリリースされ、myAirWatch で入手できるようになる予定です。更新したバージョンの各アプリを AirWatch 環境に展開して、デバイスにインストールしてください。

既知の問題

免責事項:これは英文の記事「Getting Ready for Android Oreo (8.0)」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.