同期期間の変更 - VMware Boxer

更新内容

VMware Boxer の次期バージョンでは、既定でユーザーが同期期間を「制限なし」に設定することができなくなります。ユーザーがこのオプションを利用できるようにするには、管理者が次のカスタム アプリ構成キーを設定する必要があります。

メールの同期期間:
  PolicyEmailMaxSyncPeriod = 0
カレンダーの同期期間:
  PolicyCalendarMaxSyncPeriod = 0

custom_app_config.png

上記のカスタム キーが設定されていなければ、現在の設定値が「制限なし」の場合、アプリのアップデートによりメールの同期期間は「1 か月」に、カレンダーの同期期間は「6 か月」に変更されます。

この変更により適切な同期設定が適用されるようになるため、多くの Boxer ユーザーにとっては同期に関するユーザー エクスペリエンスが向上します。さらに長い同期期間が必要な場合、エンドユーザーは AirWatch 管理者に問い合わせていただく必要があります。

 

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。 

敬具
AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Sync Limits change - VMware Boxer」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.