iOS Agent のインテロゲータ サンプル

概要

iOS Agent 5.5 ではバックグラウンド処理機能が改善されました。この記事では、バックグラウンド、サスペンド、または終了の状態の iOS Agent によって収集/送信されるインテロゲータ サンプルについて説明します

  1. サイレント APNs:サイレント APNs は、標準の iOS APNs と似ていますが、ユーザーには表示されません。これは、アプリを指定して特定のタスクを実行させるための手段として使用されます。AirWatch コンソールでは MDM サンプル スケジュール でサイレント APNs の間隔を設定することができます。また、デバイスに対してクエリを発行することで随時、送信することもできます。iOS Agent はサイレント APNs を受け取って、すべてのインテロゲータ サンプルを AirWatch サーバに送信します。
  2. バックグラウンド フェッチ (App のバックグラウンド更新):バックグラウンド フェッチは、アプリがそれ自体を iOS から定期的に起動させるようにするメカニズムです。アプリのバックグラウンド フェッチを実行する最適なタイミングは、iOS によって決定されます。この決定を左右する要因として、ユーザーが明示的にアプリを起動した回数、ネットワーク接続状態、バッテリ レベル、などがあります。バックグラウンド フェッチが発生する正確な間隔は指定できませんが、バックグラウンド フェッチの最短間隔を指定することはできます。バックグラウンド フェッチが有効になっていれば、この間隔は Agent 設定 で指定できます。iOS Agent はバックグラウンド フェッチ イベントを受け取って、すべてのインテロゲータ サンプルを AirWatch サーバに送信します。
  3. 位置の変化:Agent 設定 で位置情報データの収集を有効にすると、iOS Agent アプリは位置の大幅な変更が発生したかどうかを監視し始めます。iOS は、ユーザーが一定の距離 (一般的には 500 メートル以上) を移動するたびに、Agent アプリに「位置の大幅な変更」イベントを通知します。ただし、正確な移動距離は不明で、公開されていません。iOS Agent は、「位置の大幅な変更」イベントのたびに、すべてのインテロゲータ サンプルを AirWatch サーバに送信します。

iOS Agent は Beacon サンプルに加え、次のインテロゲータ サンプルを AirWatch サーバに送信します。これは、管理者がコンソール ポリシーに違反するデバイスに対して必要なアクションを管理/実行するのに役立ちます。サンプルには以下のものが含まれます。

  • システム モジュール
  • 位置情報サンプル
  • セルラー データ サンプル
  • ネットワーク アダプタ モジュール
  • WLAN2 モジュール 

すべてのインテロゲータ サンプルは、次のシナリオで AirWatch サーバに送信されます。

  • 起動:ユーザーが iOS Agent アプリを起動したとき。
  • データを送信:ユーザーが マイ デバイス > データを送信 から手動でデータを送信したとき。
  • サイレント APNs:デバイスがサイレント APNs (MDM サンプル スケジュール実行または手動でのデバイス クエリ実行) を受信したとき。
  • バックグラウンド フェッチ:バックグラウンド フェッチにより Agent アプリが起動されたとき。
  • 位置の変化:iOS から Agent アプリに「位置の大幅な変更」が通知されたとき。

  

よくある質問

質問:アプリが終了/サスペンド状態の場合、MDM サンプル スケジューラやデバイス クエリは機能しますか。

回答:Agent がバックグラウンド/サスペンド/終了状態の場合でも、MDM サンプル スケジューラとデバイス クエリは引き続き機能し、インテロゲータ サンプルをサーバに送信します。ただし、Agent がユーザーによって強制終了された場合、ユーザーがアプリを起動するか、デバイスが再起動されるまでは機能しません。

 

質問:MDM サンプル スケジュールが正しく設定されていているのに、インテロゲータ サンプルが AirWatch コンソールに表示されません。なぜでしょうか。

回答:アプリがユーザーによって強制終了された場合、ユーザーがアプリを起動するか、デバイスが再起動されるまで、デバイスはサイレント APNs を受信しません。さらに iOS では、他にいくつかの要因を考慮して、アプリにサイレント APNs を配信するかどうかが決定されます。たとえば、セルラー データ接続時よりも Wi-Fi 接続時の方が、より高い精度でサイレント APNs が受信されます。同様に、デバイスのバッテリ残量が少ない場合、サイレント APNs が配信されないことがあります。サイレント APNs を意図したとおり機能させるには、デバイスはバッテリ レベルが十分な状態か充電中になっている必要があります。

 

質問:AirWatch コンソールからデバイスにクエリを発行しても、インテロゲータ サンプルが AirWatch コンソールに表示されません。なぜでしょうか。

回答:直前の回答を参照してください。 

 

質問:MDM サンプル スケジュールに指定した間隔でインテロゲータ サンプルが表示されません。なぜでしょうか。

回答:サイレント APNs の送信があまりにも頻繁に発生した場合、iOS はアプリへの APNs 配信をブロックします。iOS は、エネルギー効率に基づいてサイレント APNs をアプリに配信するかどうかを決定します。デバイスでのエネルギー割り当てまたはデータ割り当ての上限を超えた場合、消費量がリセットされるまで Agent アプリは APNs を受信しません。消費量のリセットは 1 日に 1 回発生します。ユーザーや開発者がこのタイミングを変更することはできません。

 

質問:アプリがサスペンド/終了状態の場合、バックグラウンド フェッチは機能しますか。

回答:Agent がバックグラウンド/サスペンド/終了状態の場合でも、バックグラウンド フェッチは引き続き機能し、インテロゲータ サンプルをサーバに送信します。ただし、Agent がユーザーによって強制終了された場合、ユーザーがアプリを起動するか、デバイスが再起動されるまでは機能しません。

 

質問:Agent 設定でバックグラウンド フェッチ (バックグラウンド アプリの更新) が設定されているのに、インテロゲータ サンプルが AirWatch コンソールに表示されません。なぜでしょうか。

回答:アプリがユーザーによって強制終了された場合、ユーザーがアプリを起動するか、デバイスが再起動されるまで、デバイスはバックグラウンド フェッチ イベントを受信されません。

 

質問:Agent 設定でバックグラウンド フェッチの間隔を指定しているのに、インテロゲータ サンプルが AirWatch コンソールに定期的に表示されません。なぜでしょうか。

回答:バックグラウンド フェッチが発生する正確な間隔をアプリから指定することはできません。アプリのバックグラウンド フェッチを実行する最適なタイミングは、iOS によって決定されます。Agent 設定のバックグラウンド フェッチ間隔は、あるバックグラウンド フェッチから次のバックグラウンド フェッチまでの最短の間隔を表しています。その期間が経過した後は、アプリのバックグラウンド フェッチがいつ実行されるかは iOS 次第です。

 

質問:アプリがサスペンド/終了状態の場合、iOS から「位置の大幅な変更」は通知されますか。

回答:はい。アプリがサスペンド/終了状態でも、位置の大幅な変更が発生した場合は、新しい位置情報を処理できるようにアプリがバックグラウンドで起動されます。

 

質問:ユーザーがアプリを強制終了した場合、「位置の大幅な変更」は引き続き機能しますか。

回答:はい。アプリがユーザーによって強制終了された場合でも、位置の大幅な変更が発生した場合は、新しい位置情報を処理できるようにアプリがバックグラウンドで起動されます。

 

質問:ユーザーが移動し続けているのに、位置情報サンプルが AirWatch コンソールに定期的に表示されません。なぜでしょうか。

回答:「位置の大幅な変更」の監視では、新しい位置情報がアプリに通知される最適なタイミングは iOS により決定されます。一般に、iOS は 500 メートル以上の移動で新しい位置情報を通知すると言われています。しかし、このイベントが発生する移動距離は iOS により決定されるため、場合によっては 500 メートルを超えることもあります。AirWatch での動作確認結果によれば、常に 1 マイル程度の移動間隔で位置情報の更新が発生していました。

 

質問:デバイスがネットワークに接続されていない状態でユーザーが移動している場合でも、Agent は引き続き位置情報サンプルを AirWatch サーバに報告しますか。

回答:デバイスに GPS チップが搭載されている場合であれば、引き続き Agent アプリに位置情報の変更が通知されます。通知された位置情報はローカルに保存されます。その後、デバイスがネットワークに接続され、サンプル送信のトリガとなるイベントが発生すると、保存されていた位置情報サンプルは AirWatch サーバに送信されます。しかし、デバイスに GPS チップが搭載されていない場合は、デバイスがネットワークに接続されているときの位置情報だけが送信されます。

 

質問:ユーザーが移動していない場合でも、Agent がサーバにサンプルを送信するタイミングで毎回、新しいタイムスタンプを持つ同じ位置情報が送信されますか。

回答:Agent アプリが収集する位置情報は、iOS によってその位置情報が通知された時刻のタイムスタンプとともに記録されます。したがって、ユーザーが移動していない場合は、最後に通知された位置が、その古いタイムスタンプとともに送信され続けます。たとえば、Agent から最後に報告された位置情報のタイムスタンプが 6:00PM だったとします。その後、ユーザーが移動をやめた場合、Agent はサーバにサンプルを送信するタイミングで毎回、同じタイムスタンプ (6:00PM) を持つ同じ位置情報を送信し続けます。ただし、ユーザーが移動していない場合でも、より新しくより正確な位置情報が新しいタイムスタンプとともに送信されるケースもあります。

 

質問:デバイスがパスワード ロックされている場合、Agent は引き続きインテロゲータ サンプルを AirWatch サーバに送信しますか。

回答:はい。Agent がユーザーによって強制終了された場合の MDM サンプル スケジュール、バックグラウンド フェッチ、およびデバイス クエリを除いて、Agent は前述のすべてのシナリオでインタロゲータ サンプルを送信し続けます。

免責事項:これは英文の記事「iOS Agent Interrogator Samples」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.