ユーザーまたはデバイスを AirWatch コンソールにバッチ インポートする方法

問題の説明

ユーザーまたはデバイスを AirWatch コンソールにバッチ インポートする方法

解決方法

  1. アカウント > ユーザー > バッチの状態 と進み、バッチ インポート を選択します。
  2. AirWatch コンソールで、バッチ名バッチの説明 などの基本情報を参考用として入力します。
  3. 該当するバッチ タイプを バッチ タイプ ドロップダウン メニューから選択します。
  4. 利用できるテンプレートにアクセスするには、情報アイコンを選択します。次に、貴社環境に適したテンプレートを選択し、このバッチ タイプ用のテンプレートと例をダウンロード をクリックして、CSV (カンマ区切り値) ファイルをアクセス可能な場所に保存します。

    バッチ タイプ「ユーザーまたはデバイス」については、よく使われる主要なフィールドのみを含む「シンプル」 CSV テンプレートと、すべてのフィールドを省略せず使用する「高度」 CSV テンプレートのいずれかを選択することができます。

  5. CSV ファイルを開きます。このファイルには、ユーザーを追加/編集 画面に表示されるフィールドと同じ数のカラムが含まれています。GroupID (グループ ID) フィールドは、ユーザーを追加/編集 画面の 加入組織グループ に対応します。グループと設定 > すべての設定 > デバイスとユーザー > 全般 > 加入 画面の グループ化 タブで、グループ ID 割り当てモード既定 に設定されている場合、ユーザーはこの組織グループに加入します。

    ディレクトリベースの加入の場合は、各ユーザーの Security Type (セキュリティ タイプ) を Directory に設定します。

  6. 貴社組織のユーザーのデータを入力します。該当する場合は、デバイス情報を含めます。ファイルを保存します。

    注:CSV ファイルは、BOM 付き UTF-8 (または BOM 付き UTF-16) のエンコーディングで保存してください。それ以外のエンコーディングを使用している場合、AirWatch にインポートされた非 ASCII 文字が文字化けすることがあります。

  7. AirWatch コンソールの バッチ インポート 画面に戻り、ファイル選択ボタンをクリックし、CSV (カンマ区切り値) ファイルを指定してアップロードします。
  8. 保存 をクリックします。

 

免責事項:これは英文の記事/ソリューション「How do you batch import users or devices into the AirWatch Console?」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事/ソリューションで参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.