AirWatch 9.1.1/9.0.5 以降での VMware Boxer のシングル サインオン対応

背景

  • Android/iOS 向け VMware Boxer でシングル サインオン (パスコード共有) および SDK 認証ポリシーの利用を希望するお客様は、AirWatch コンソールを 9.0.5 以降または 9.1.1 以降のバージョンにアップグレードしてください。
  • Boxer が SDK のセキュリティ ポリシーを利用するように設定されていても (SDK 認証タイプ ポリシーを設定、アプリケーション構成で AppForceActivateSSO = true を設定)、AirWatch コンソールで Boxer アプリが複数の組織グループに対して構成されている場合、設定が正常に配信されないことがあるという問題が確認されています。この問題は、構成したパスコード要件が Boxer アプリに適用されない、という形で表出します。
  • この問題には管理番号 APC-12 が割り当てられ、AirWatch 9.1.1 および 9.0.5 で修正済みです。

 

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

敬具
AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「VMware Boxer Single Sign On supported on AirWatch v9.1.1, v9.0.5+」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.