デバイスベースの VPP 割り当ての有効化

デバイスベースの VPP 割り当ての有効化

デバイスのシリアル番号に対して VPP アプリを割り当てるには、以下の手順を実行してください。

  • デバイスの OS が iOS 9 以上であることを確認します。
  • コンソールで アプリとブック > アプリケーション > リスト表示 > 購入済み と進みます。
  • シリアル番号に対して割り当てるアプリをクリックします。
  • まだ有効にしていない場合は、デバイス割り当てを有効化 をクリックします。
  • 割り当ての追加に使用するコード をクリックし、スマート グループのライセンス コード をクリックします。
  • スマート グループを選択 をクリックし、使用するスマート グループを選択します。
  • 右側の 割り当て済み ボックスに、そのスマート グループで必要なライセンスの数を指定します。
  • 保存 をクリックして設定を保存すると、このアプリが該当デバイスにプッシュされます。

上記の変更を行った場合は、注意すべき点がいくつかあります。

  • あるデバイスに割り当てられているアプリの中で、デバイスベース割り当てになっていないアプリが 1 つでもあれば、Apple ID の入力が必要になります。たとえば、アプリ X をデバイスベースの割り当てに設定して iPad に割り当てたとします。その場合、このアプリのインストールには Apple ID は必要ありません。しかし、アプリ Y を従来の割り当てモデルを使用して割り当てた場合、このアプリ Y をインストールするときにエンドユーザーは Apple ID を入力する必要があります。
  • デバイスベースで割り当てられたアプリに関して、VPP への招待を承諾する必要はありません。にもかかわらず、エンドユーザーは「アプリが割り当てられている」というメッセージを受け取る場合があります。これは、どちらの割り当て方法を選択した場合にも送信される、Apple 社からのメッセージです。違いは Apple ID の要/不要です。
  • たとえば、既存のアプリ X の割り当て方式をデバイスベースに変更したとします。しかし、この変更を行う前に、アプリ X はすでにスマート グループを使用して 10 台のデバイスに割り当て済みでした。この場合、それらのデバイスに対してもアプリ X のデバイスベース割り当てを有効にするためには、一時的にそのスマート グループを割り当て対象から削除して、割り当て設定を保存します。しばらくして、再びアプリをそのスマート グループに割り当てることで、アプリはデバイスのシリアル番号に対して割り当てられるようになります。

免責事項:これは英文の記事「Enabling Device-Based VPP Assignment」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.