重要なお知らせ:AirWatch アップグレード プロセスの変更

8.2 GA 以降のバージョンからアップグレードする場合

注:AirWatch デバイス サービス サーバの手前にロード バランサを設置している場合、AirWatch のアップグレード中は、すべての 443 受信トラフィックをメンテナンス画面にリダイレクトすることを推奨します。 

1. すべての AirWatch アプリケーション サーバ (コンソール、デバイス サービス、API、AWCM) で World Wide Web Publishing Service の スタートアップの種類 を「無効」に設定します。

  • これを行うには次の手順に従います。
    1. Services のサービス一覧で World Wide Web Publishing Service を右クリックし、Properties を選択します。
    2. Startup type ドロップダウン ボックスの設定を Disabled に変更し、Apply をクリックします。
  • または、次の PowerShell コマンドを実行します。
  • Set-Service "W3SVC" -StartupType Disabled

2. すべての AirWatch アプリケーション サーバ (コンソール、デバイス サービス、API、AWCM) で AirWatch アプリケーション インストーラを実行します。

  • プロンプトが表示されたら、.NET 4.6.2 をインストールします。
  • システムの再起動を求めるメッセージが表示されたら再起動します。サーバの再起動後にシステムにログインすると、AirWatch アプリケーション インストーラが自動的に再開されます。自動的に起動しない場合は、手動でインストーラを起動してアップグレードを続行してください。

3. すべてのアプリケーション サーバで「IIS and all services are stopped. Please update your database using the database install package」というメッセージが表示されるまで待ちます。

4. アプリケーション サーバのいずれかで、必要な DB インストーラをすべて実行します。

5. データベースを目的のバージョンにアップグレードし終えたら、すべての AirWatch アプリケーション サーバで Yes をクリックしてアップグレードを続行します。

6. 画面のメッセージと AirWatch インストール ガイドの指示に従い、アプリケーションのアップグレードを完了します。

7. アップグレードが完了したら、すべてのアプリケーション サーバで全 AirWatch サービスが実行中になっていることを確認し、World Wide Web Publishing Service を有効化し直します。

  • これを行うには次の手順に従います。
    1. Services のサービス一覧で World Wide Web Publishing Service を右クリックし、Properties を選択します。
    2. Startup type ドロップダウン ボックスの設定を Automatic に変更し、Apply をクリックします。
    3. 続いて Start をクリックします。
  • または、次の PowerShell コマンドを順に実行します。
  • Set-Service "W3SVC" -StartupType Automatic
    Start-Service "W3SVC"



8.2 GA よりも前のバージョンからアップグレードする場合

注:AirWatch デバイス サービス サーバの手前にロード バランサを設置している場合、AirWatch のアップグレード中は、すべての 443 受信トラフィックをメンテナンス画面にリダイレクトすることを推奨します。  

1. すべてのアプリケーション サーバ (コンソール、デバイス サービス、API、AWCM) で全 AirWatch サービスを手動で停止します。

  • これを行うには、AirWatch サービスごとに次の操作を実行します。
    1. Services のサービス一覧で AirWatch サービスを選択します。
    2. Stop オプションをクリックします。
  • または、次の PowerShell コマンドを実行します。
  • Stop-Service "*airwatch*"

2. すべての AirWatch アプリケーション サーバ (コンソール、デバイス サービス、API、AWCM) で World Wide Web Publishing Service を手動で停止します。

  • これを行うには次の手順に従います。
    1. Services のサービス一覧で World Wide Web Publishing Service を選択します。
    2. Stop オプションをクリックします。
  • または、次の PowerShell コマンドを実行します。
  • iisreset /stop

3. すべての AirWatch アプリケーション サーバ (コンソール、デバイス サービス、API、AWCM) で World Wide Web Publishing Service の スタートアップの種類 を「無効」に設定します。

  • これを行うには次の手順に従います。
    1. Services のサービス一覧で World Wide Web Publishing Service を右クリックし、Properties を選択します。
    2. Startup type ドロップダウン ボックスの設定を Disabled に変更し、Apply をクリックします。
  • または、次の PowerShell コマンドを実行します。
  • Set-Service "W3SVC" -StartupType Disabled

4. データベースが目的のバージョンにアップグレードされるまで、アプリケーション サーバのいずれかで、必要なデータベース インストーラをすべて実行します。

5. すべての AirWatch アプリケーション サーバ (コンソール、デバイス サービス、API、AWCM) で目的のバージョンの AirWatch アプリケーション インストーラを実行します。

  • プロンプトが表示されたら、.NET 4.6.2 をインストールします。
  • システムの再起動を求めるメッセージが表示されたら再起動します。サーバの再起動後にシステムにログインすると、AirWatch アプリケーション インストーラが自動的に再開されます。自動的に起動しない場合は、手動でインストーラを起動してアップグレードを続行してください。

6. すべてのアプリケーション サーバで「IIS and all services are stopped. Please update your database using the database install package」というメッセージが表示されるまで待ちます。

7. AirWatch アプリケーション サーバ (コンソール、デバイス サービス、API、AWCM) のいずれかで目的のバージョンのデータベース インストーラを実行します。

8. データベースを目的のバージョンにアップグレードし終えたら、すべての AirWatch アプリケーション サーバで Yes をクリックしてアップグレードを続行します。

9. 画面のメッセージと AirWatch インストール ガイドの指示に従い、アプリケーションのアップグレードを完了します。

10. アップグレードが完了したら、すべてのアプリケーション サーバで全 AirWatch サービスが実行中になっていることを確認し、World Wide Web Publishing Service を有効化し直します。

  • これを行うには次の手順に従います。
    1. Services のサービス一覧で World Wide Web Publishing Service を右クリックし、Properties を選択します。
    2. Startup type ドロップダウン ボックスの設定を Automatic に変更し、Apply をクリックします。
    3. 続いて Start をクリックします。
  • または、次の PowerShell コマンドを順に実行します。
  • Set-Service "W3SVC" -StartupType Automatic
    Start-Service "W3SVC"

免責事項:これは英文の記事「Important Notification: Critical Changes to AirWatch Upgrade Process」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.