Google Chrome ブラウザ、既存の Symantec 発行証明書の信頼引き下げに

Google 社は先日投稿されたブログ記事で、ある特定されたセキュリティ上の問題を回避するために Chrome ブラウザでの Symantec 社発行の証明書の評価を引き下げ、それらに対する信頼を取り下げる意向であることを公表しました。

 

お客様への影響

2016 年 6 月 1 日よりも前に発行された、Symantec、GeoTrust、Thawte、および RapidSSL の各ブランドの証明書は、2017 年 8 月 8 日より段階的に、Chrome ブラウザにより信頼できないものとみなされるようになります。この変更が実装された場合、2016 年 6 月 1 日よりも前に発行された証明書をお使いのお客様においては業務などに支障が生じる可能性があります。

 

重要:推奨される対策

業務などでの障害を事前に回避するため、2017 年 8 月 8 日の期限に先立って、2016 年 6 月 1 日よりも前に発行された証明書を、再発行された新しい証明書に置き換えることを推奨します。この対策により、ご利用の証明書が意図せず Chrome ブラウザによって信頼されなくなるリスクを回避できます。

詳細は、Google 社による当初の提案および、この提案に対する Symantec 社の回答を参照してください。

 

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

敬具
AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Google Chrome browser to deprecate trust in existing Symantec-issued certificates」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.