VMware AirWatch 9.1.2+ への初回アップグレードにはインストール トークンが必要

AirWatch 9.1 リリースでは、セキュリティ強化の一環として、新規インストール時にインストール トークンの指定を要件として追加しました。新たな要件とインストール手順は、『AirWatch 9.1 Installation Guide』(インストール ガイド) の 45 ページに記載されています。このセキュリティ機能を利用するには、インストール トークン生成のために、myAirWatch にサインインして My Company ページにアクセスできる権限が必要です。

VMware AirWatch 9.1.2 リリースから、この要件はアップグレード手順にも適用されるようになりました。VMware AirWatch 9.1.2 以降に初めてアップグレードする場合、アップグレード手順の途中でインストール トークンの指定を求める画面が表示されます。以後のアプリケーション サーバのアップグレードには、インストール トークンは必要ありません。

 

重要:お客様へのお願い

9.1.1 以前のバージョンから 9.1.2 以降のバージョンにアップグレードする際は、アップグレードを開始する前に myAirWatch の My Company ページにアクセスできることを確認してください。このページにアクセスできない場合は、貴社の AirWatch サポートまでお問い合わせください。

 

お問い合わせ

本件に関するご質問は、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。 

敬具
AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Installation Token required for the first upgrade to VMware AirWatch v9.1.2+」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.