Apple iOS 11、macOS 10.13、tvOS 11 へのアップデートに向けての準備

2017 年 9 月 19 日、Apple 社は新しいオペレーティング システム iOS 11 とその他のアップデートを公開しました。このページの受信登録 (SUBSCRIBE) を行い、iOS、macOS、tvOS の各プラットフォームでの AirWatch 機能の最新情報を入手できるようにしてください。

AirWatch コンソールの iOS 11 サポート

  • オンプレミス環境:データベースのシード スクリプトが利用可能です。すべてのオンプレミス環境の管理者は、この iOS 11 シード スクリプトを実行して、AirWatch コンソールの該当ドロップダウン メニューのすべてに新しい OS を適切に追加してください。このスクリプトは、バージョン 9.1.4 までの全サポート対象バージョンの AirWatch 環境で実行できます。
  • SaaS 環境:特に必要なアクションはありません。特定のモデルに対応する iPhone デバイスの表示名は、別のスクリプトで追加します。

 

MDM でのセキュリティ強化

MDM 通信で ATS (App Transport Security) が必須に

VMware AirWatch はすでに、昨年リリースした iOS Agent 5.2 から ATS に対応しています。したがって、サーバ インフラストラクチャに必要な変更を加えるだけで、これまでと同じ MDM 通信に必要な条件を満たすことができます。サーバ側で必要な変更の詳細は、こちらの KB 記事を参照してください。 

iOS 11、macOS 10.13、tvOS 11 のすべての TLS 接続において SHA-1 署名の証明書および RSA 鍵長が 2048 ビット未満の証明書を信頼対象から除外

Tunnel、SEG などの AirWatch サーバ インフラストラクチャで使用されているサーバ証明書は、SHA-2 以上のアルゴリズムを使用するものにアップグレードする必要があります。デバイスからの直接接続を受け付ける場合は、オンプレミスの Exchange Server も同様です。この変更は、次の証明書には当てはまりません。

  • ルート証明書
  • 企業により配布された証明書
  • ユーザーによりインストールされた証明書
  • TLS 相互認証で使用するクライアント証明書 

重要:お客様に実施していただく手続き

Apple School Manager と DEP (デバイス登録プログラム) を引き続き利用するために、お客様に実施していただく手続きについて、Apple 社からのお知らせがあります。詳細は、こちらの KB 記事を参照してください。

iOS 向け AirWatch アプリの iOS 11 サポート

iOS 11 のリリースよりも前に、エンドユーザーが使用している iOS アプリがすべて、iOS 11 に対応した下記のバージョン以降になっていることを確認してください。まだ入手できないアプリもありますが、いずれも今後数週間でリリースされる予定です。アプリのリリースに合わせ、下記の表も更新されます。これらのアプリは、iOS 11 のリリースの前に、App Store で入手できるようになる予定です。

アプリ バージョン

Agent

5.5.1

Boxer

4.7.1

Browser

6.2.3

Container

2.5.1

Content Locker

4.9

Inbox

3.4.1

Tunnel

2.0.3

Workspace ONE

3.1


デバイスにアプリのアップデートをプッシュする方法については、記事「割り当てられた全ユーザーにアプリのアップデートをプッシュする方法」を参照してください。

 

AirWatch SDK のアップデート

AirWatch SDK と iOS 11 の組み合わせで問題は確認されていません。ただし、AirWatch SDK を組み込んだアプリを今後リリースされる予定の Xcode 9 を使用して開発する場合は、iOS SDK をバージョン 5.9.4.5 (リリース予定) にアップデートする必要があります。Xcode 9 よりも前のバージョンの Xcode を使用したアプリケーションや開発業務には影響はありません。

既知の問題

iOS 11 一般公開版

入手可能な最新の Apple OS ベータ版の詳細は、Apple Developer ページを参照してください。 

 

バージョンとダウンロード

上記の問題に対する修正を反映するため、すべての SaaS 環境に対して更新を実施する予定です。オンプレミス環境をご利用の場合は、次のリンクから各バージョンのパッチをダウンロードしてください。

バージョン
9.1.3 9.1.2 9.1.1 9.1.0
9.0.5 9.0.4 9.0.3 9.0.2
9.0.1 9.0.0 8.4.9 8.4.8
8.4.7      

 

お問い合わせ

AirWatch 管理デバイスで各 OS リリースのベータ版テストを実施しているお客様は、ぜひ AirWatch サポートまでフィードバックをお寄せください。サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

  

敬具

AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Getting Ready for Apple Updates: iOS 11, macOS 10.13, and tvOS 11」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

14 Comments

Article is closed for comments.