Android 向け VMware AirWatch® Agent 7.2 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、Android 向け AirWatch Agent 7.2 の一般公開のお知らせです。

最新バージョンの新機能

  • AAGNT-180266: 証明書サンプリングのパフォーマンスを改善し、証明書の報告を迅速化。これにより誤って証明書が失効する可能性を抑えます。
  • AAGNT-179500: 共有デバイス セッション間でのアプリのインストールおよび保持をサポート。
  • AAGNT-179378: Android デバイスでパスコードの有効期間を 365 日まで変更することが可能に。
  • AAGNT-179384: Sony デバイスで 複数ユーザーを許可 オプションが利用可能に (Sony Service 2.0.1 が必要)。
  • AAGNT-179535: Android for Work の仕事用プロファイル (Work Profile) で Boxer ウィジェット の有効化が可能に。
  • AAGNT-179315: Android for Work で AirWatch Relay を使用して NFC バンプで Work Managed デバイスを加入する場合のシングル ユーザー代理セットアップ (高度な代理加入) をサポート。

最新バージョンでのバグ修正

  • AAGNT-179550: デバイスが Android for Work の Work Managed デバイス モードで加入しており工場出荷状態リセットが制限されていると、デバイス ワイプ コマンドが機能しない問題を修正。
  • AAGNT-180196: Samsung デバイスにリモート管理アプリをプッシュ済みの場合、加入解除時に社内アプリがアンインストールされない問題を修正。
  • AAGNT-180155: 社内アプリがシングル ユーザー代理加入デバイスに展開されない問題を修正。
  • AAGNT-180106: Android N 搭載 Samsung S7 デバイスで Knox を有効にすると Bluetooth がクラッシュする問題を修正。
  • AAGNT-180049: KitKat デバイスにおいて AirWatch Agent が SSL ハンドシェイクに TLS 1.0 を使用している問題を修正。
  • AAGNT-179967: プロダクト プロビジョニングを使用してプッシュされた管理対象外のアプリがデバイスへのクエリ/同期実行後に削除される問題を修正。
  • AAGNT-179951: Android デバイスで AirWatch Agent に MAG アプリ ラッピングのユーザー名とパスワードを求めるメッセージが表示される問題を修正。
  • AAGNT-179921: LG V20 デバイスでメッセージ サイズ上限オプションの設定値が小さくなる問題を修正。
  • AAGNT-179810: ユーザー名を指定していない Lotus Traveler EAS プロファイルを適用すると AirWatch Agent がクラッシュする問題を修正。
  • AAGNT-179776: デバイス上にファイルが存在しない場合、ファイル削除マニフェストのプロダクトがエラーになる問題を修正。
  • AAGNT-179731: 「AllowNonGoogleAccounts」を削除した後でもユーザーが既定のアカウントおよび Google アカウントを追加できてしまう問題を修正。
  • AAGNT-179691: AirWatch Launcher を終了できなくなる、Honeywell と AirWatch Launcer との統合上の問題を修正。
  • AAGNT-179586: プロダクトのジョブ ログに、コンソールで設定されたものとは異なるプロダクト名が表示される問題を修正。
  • AAGNT-179499: Samsung デバイスで MTP モード USB の制限をバイパスできてしまう問題を修正。
  • AAGNT-179471: Samsung デバイスにおいて Wi-Fi 証明書が失効/上書きされてプロファイルがインストールされる問題を修正。
  • AAGNT-179334: 加入時の構成が正しくないときに表示されるエラー メッセージが適切でない問題を修正。
  • AAGNT-179125: 確認コンディションの遅延時間が適用されない問題を修正。
  • AAGNT-178915: Knox Mobile Enrollment で加入したデバイスで工場出荷状態リセットを実行した後で再加入すると、コンソールに新しいデバイス レコードが作成される問題を修正。
  • AAGNT-178339: 社内 Android アプリのインストールに失敗すると、その後のインストールが実行できない問題を修正。
  • AAGNT-177371: Blackberry Priv デバイスにおいて、TLS を使用する Wi-Fi 構成が意図したとおり適用されない問題を修正。
  • AAGNT-179615: Samsung デバイスに .cer 証明書ファイルをインストールすると誤検知されたエラーが表示される問題を修正。
  • AAGNT-180132: Knox コンテナ内の Bluetooth SPP が有効にならない問題を修正。
  • AAGNT-179966: Android N 搭載 Samsung デバイスで パスコードを変更 コマンドが機能しない問題を修正。
  • AAGNT-174411: 加入プロセス中、セットアップ ウィザードの 「認証は正常に行われました」 画面で発生する遅延問題を修正。
  • AAGNT-180326: Android N (7.0+) 搭載 Samsung デバイスで事前定義済みのパスコードが適用されない問題を修正。
  • AAGNT-180329: 既定のホワイトリスト アプリケーション制御プロファイルで Knox コンテナがブロックされる問題を修正。
  • AAGNT-180427: Zebra TC51 デバイスを Work Managed デバイス モードで加入できない問題を修正。
  • AAGNT-180421: Samsung デバイスでロック画面オーバーレイが機能しない問題を修正。
  • AAGNT-180415: Bluetooth デバイスが Knox コンテナ内にインストールされている Bluetooth SPP アプリを検出できない問題を修正。
  • AAGNT-175392: 企業情報ワイプで Knox コンテナが削除されない問題を修正。
  • AAGNT-180348: Android N 搭載 Samsung デバイスでプロダクト プロビジョニングを使用したアプリのインストールが機能しない問題を修正。
  • AAGNT-180401: アプリを再インストールすると Knox コンテナのファイアウォール プロファイルが機能しなくなる問題 (デバイス側でも同様) を修正。
  • AAGNT-180403: Android for Work のパスコード プロファイルで設定した複雑なパスコード要件が適用されない問題を修正。
  • AAGNT-180388: 富士通 arrows NX デバイスにおいて社内アプリと AirWatch Launcher のダウンロードはできるのにアプリがインストールされない問題を修正。
  • AAGNT-180424: ネットワーク タブで Wi-Fi の IP アドレスが 0.0.0.0 と表示される問題を修正。
  • AAGNT-180657: Knox VPN が自動的に再接続しない問題を修正。

既知の問題

Samsung Knox ファイアウォール:

  • 許可規則は現在サポートされていません。
  • 拒否規則は正しく適用されますが、Android N では以下の手順を実行した場合、拒否規則の削除が機能しません。
    • デバイスにアプリ パッケージをインストールします。
    • そのアプリのすべての通信をブロックする Knox ファイアウォール プロファイルを作成します。
    • Android N 搭載 Samsung デバイスを加入します。
    • デバイスに Knox ファイアウォール プロファイルがインストールされることを確認します。
    • 指定したアプリのすべての通信がブロックされていることを確認します。
    • Knox コンテナからアプリを削除します。
    • デバイスから Knox ファイアウォール プロファイルを削除します。
    • アプリを Knox コンテナ内にインストールします。
    • 最終的に、拒否規則のファイアウォール プロファイルを削除したにもかからわず、拒否規則が有効なままになっています。
  • パッケージ ID 内での部分的なワイルドカードは機能しません。
  • デバイス側では拒否規則のすべてのフィールドでワイルドカードが機能しません (Knox コンテナ側では機能します)。
  • ファイアウォールの拒否規則はいずれも、Samsung SAFE 5.0 未満のバージョンでは機能しません。
  • アプリケーション ID を指定した場合、Knox ファイアウォールの拒否規則は SAFE 5.5 以下のバージョンでは機能しません。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、Android 向け AirWatch Agent 7.2 をダウンロードしてください。 

最小要件

  • Android 4.0 以降
  • AirWatch 8.4+

Android 向け VMware AirWatch Agent 7.2 のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合 – アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合 – Google Play ストアからこのアプリをダウンロードするよう、ユーザーに指示してください。

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

 

敬具

AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware AirWatch® Agent 7.2 for Android」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.