Android Remote Management Agent のサイドロードはサポート対象外

先日リリースされた Android 向け Remote Management v4.0 では、Remote Management Agent をデバイスに配布する際の方法として、一部の配布方法がサポート対象ではない点にご注意ください。デバイス上でリモート管理の全機能を利用するために、Android 向け Remote Management Agent はすべて、アプリとブック または プロダクト プロビジョニング を使用してデバイスに配布することを推奨します。配布方法として、エージェントのサイドロードはサポートされていません。

重要:Remote Management バージョン 3.0 は、製品ライフサイクル終了に向けて最終受注、提供終了、サポート終了が順次、実施される予定です。この移行の詳細は、こちらのナレッジ ベース記事を参照してください。可能性のある代替案としての、より先進的なソリューションに関しては、『VMware AirWatch Advanced Remote Management Guide』(VMware AirWatch Advanced Remote Management ガイド) を参照してください。

 

必要な対応

  • Remote Management を展開しているすべてのデバイスについて、サポート対象である アプリとブック または プロダクト プロビジョニング を使用した方法で Agent が配布されていることを確認してください。

 

影響範囲

  • Android 向け Remote Management Agent をサイドロードした場合、リモート管理が正しく機能しない可能性があります。

 

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

敬具
AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Android Remote Management Agent sideloading is not supported」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.