iOS 向け VMware Content Locker 4.3.1 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、iOS 向け VMware Content Locker 4.3.1 の一般公開のお知らせです。

最新バージョンでのバグ修正

  • ISDK-169441: SSO (シングル サインオン) パスコードが AirWatch iOS アプリでループする問題を解決。
  • ISCL-175645: SP O365 ADFS リポジトリから Content Locker のファイルをダウンロードできない問題を解決。
  • ISCL-175585: Content Locker で、ZIP ファイル内の日本語ファイル名が適切に表示されない問題を解決。
  • ISCL-175603: 利用規約の言語に英語が含まれていない場合、ユーザーが利用規約への同意をバイパスできる問題を解決。
  • ISCL-175591: 明るさ調節 パネルがローカライズされていなかった問題を解決。

最新バージョンでの既知の問題

  • ISCL-174145: Word .doc/.docx ファイルを Content Locker で開くとドキュメント内のチェック ボックスが表示されない。
  • ISCL-174639: ドキュメントを保存すると SmartArt オブジェクトのグループ化を解除しないとテキストを編集できなくなる。
  • ISCL-174658: ファイルを保存すると Word ドキュメント内の元のスタイルが失われ、新しいスタイルに置き換わる。
  • ISCL-174747: Content Locker で Microsoft Office の図形の書式が正しく表示されない。
  • ISCL-174856: iOS 向け Content Locker 3.1 ドキュメント拡張機能でファイルを開けない。
  • ISCL-175195: 1 つのリポジトリ内に複数のエントリが存在するとリポジトリの階層メニューが正しく表示されない。
  • ISCL-173744: フォルダ名の下に表示されるファイルの数にサブフォルダ内のファイルの数が含まれていない。
  • ISCL-174468: 階層構造の行を含む Excel ファイルを正しく表示できない。
  • ISCL-175022: デスクトップ版 Office で開くと Office ドキュメント内の注釈が一部ずれている。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、iOS 向け VMware Content Locker 4.3.1 をダウンロードしてください。 

最小要件

  • iOS 9 以降

iOS 向け VMware Content Locker 4.3.1 のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合 – プロンプトが表示されたらアプリを更新するよう、エンドユーザーに指示してください。アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合 – App Store から iOS 向け VMware Content Locker 4.3.1 をダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の VMware AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。 

敬具

VMware AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware Content Locker 4.3.1 for iOS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.