AirWatch 管理 AppConfig のサンプル - iOS

iOS では、AirWatch などの EMM プロバイダに加入済みのデバイスに対して管理 AppConfig を適用するためのネイティブ API が提供されています。AppConfig の設定は、MDM プロトコルを使用してデバイスに送信されます。これを行うには、管理 AppConfig を利用できるように、AirWatch コンソールで該当アプリを適切に構成しておく必要があります。以下に、iOS プラットフォームで管理 AppConfig を利用するための要件を示します。

  • Apple 社の管理 AppConfig ガイドラインに従って iOS アプリが作成されていること
  • そのアプリが割り当てられているデバイスが AirWatch に加入していること

 

管理 AppConfig をサポートする iOS アプリの開発

管理 AppConfig を取得する

func fetchAppConfiguration() {
     if let managedConfigDict = UserDefaults.standard.dictionary(forKey: "com.apple.configuration.managed"){
          if let keyValue = managedConfigDict["keyName"]{
               print("KEY : keyname \nVALUE : \(keyValue) ")
          }
     }else{
          print("Error fetching app config values. Please make sure your device is enrolled with AirWatch ")
     }
}

 

管理 AppConfig の変更を受信するアプリを登録する

アプリを登録することで、そのアプリは UserDefaults への変更を受信できるようになります。この処理により、アプリは AirWatch から送信された最新の管理 AppConfig を動的に取得することができます。

func registerForAppConfigNotification() {
     NotificationCenter.default.addObserver(self, selector: #selector(ViewController.fetchAppConfiguration), 
          name: UserDefaults.didChangeNotification, object: nil)
}

 

サンプル アプリ

管理 AppConfig の実装例は、AirWatch が提供する AppConfig サンプル アプリを参照してください。実装例は、ViewController Swift クラスの中にあります。

 

AirWatch 管理アプリへの管理 AppConfig の公開と更新

手動での操作:AirWatch 管理者は、次の手順に従って、企業アプリに管理 AppConfig をプッシュできます。

  1. 社内アプリの詳細表示画面で 割り当て をクリックします。
  2. スマート グループを選択し、編集 をクリックします。
  3. 画面を下にスクロールし、アプリケーション構成 を有効にします。
  4. アプリに必要な構成キーと構成値の組み合わせを入力します。この構成キーは、開発者がアプリに実装したキー/値の組み合わせに一致している必要があります。
  5. 保存して公開 をクリックして変更を保存/公開します。

 

XML のアップロード:AirWatch 管理者は、キー/値の組み合わせを含む XML ファイルをアップロードして、管理 AppConfig をプッシュできます。

  1. 社内アプリの詳細表示画面で 割り当て をクリックします。
  2. スマート グループを選択し、編集 をクリックします。
  3. 画面を下にスクロールし、アプリケーション構成 を有効にします。
  4. XML をアップロード をクリックして XML ファイルをアップロードします。
  5. 保存して公開 をクリックして変更を保存/公開します。

注:このオプションは AirWatch 9.1 から利用可能です。この XML のスキーマの例を以下に示します。bundleId の値を貴社企業アプリのバンドル ID に置き換え、必要に応じて構成キーと構成値を変更してください。

<managedAppConfiguration>
     <version>1</version>
     <bundleId>com.vmware.gss.AirWatchAppConfigSample</bundleId>
     <dict>
          <string keyName="awservername">
               <defaultValue>
                    <value>server.awmdm.com</value>
               </defaultValue>
          </string>
          <integer keyName="counter">
               <defaultValue>
                    <value>250</value>
               </defaultValue>
          </integer>
     </dict>
</managedAppConfiguration>

 

AirWatch 管理者は、次の手順に従って、企業アプリの管理 AppConfig を更新できます。

  1. アプリケーションの 編集 > 割り当て > アプリケーション構成 と進み、管理 AppConfig の該当キーに対する値を更新します。
  2. 保存して公開 をクリックします。
  3. アプリの詳細表示画面に戻り、さらに > アプリケーション構成を送信 をクリックします。

 

免責事項:これは英文の記事「AirWatch Managed AppConfig Sample - iOS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.