AAPP-515: Mac OS X のログイン ウィンドウ プロファイルによりスリープ機能が無効になり加入解除後も有効にならない

対象バージョン

AirWatch 8.0.3、8.2.2

 

ID

AAPP-515

 

現象

ボタンを表示スリープ ボタンの表示を無効にしたログイン ウィンドウ プロファイルを展開すると、ログイン後にスリープ機能自体が実行できなくなります。さらに、加入解除してもスリープ機能が有効になりません。

 

修正バージョン

この問題は Apple 社に報告済みです。iOS での問題解決を確認でき次第、この記事を更新してお知らせします。AppleCare サポート アカウントをお持ちの場合は、この問題への対応状況について、直接 Apple 社に詳細をお問い合わせいただくこともご検討ください。

免責事項:これは英文の記事「AAPP-515: Mac OS X Login Window profile disabled Sleep and does not enable after unenrollment」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.