AAPP-2995: 待機構成を無効にしていると DEP 加入で macOS Agent がプッシュされない - AirWatch 9.2 で解決

対象バージョン

AirWatch 9.1.0

 

ID

AAPP-2995

 

現象

待機構成を無効にしている場合、DEP 加入で macOS Agent がプッシュされません。コマンド キューにも登録されません。

 

対処方法

以下の 2 つの対処方法のいずれかを実行してください。

  1. DEP プロファイルを編集して待機構成を有効にします。
  2. AirWatch 9.1 のカスタム MDM コマンドを使用して、問題が発生したデバイスに次のコマンドを送信します。

<dict>
      <key>RequestType</key>
      <string>InstallApplication</string>
      <key>ManifestURL</key>
      <string>{DS_URL_を入力}/Resources/MacAgentManifestTemplate</string>
</dict>

注:このコマンドは、すでに Agent がインストールされているデバイスに対して実行しても害はありません。Agent が再インストールされるだけです。

 

修正バージョン

AirWatch 9.2

免責事項:これは英文の記事「AAPP-2995: macOS Agent not pushed on DEP Enrollment if Await Configuration is Disabled - Resolved in AirWatch 9.2」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.