Android for Work 使用時の F5 VPN の構成

AirWatch 9.1 では、F5 をパブリック アプリとして追加する際にアプリケーション構成を利用することができるようになりました。これは F5 クライアントの推奨展開方法です。

証明書ベースの認証を使用している場合は、「資格情報プロファイルの作成方法」の手順に従ってください。使用していない場合は、「アプリケーション構成を使用した F5 のセットアップ方法」に進んでください。

 

資格情報プロファイルの作成方法

  1. デバイス > プロファイルとリソース > プロファイル > 追加 > プロファイルを追加 > Android > Android for Work と進みます。
  2. プロファイル名などの 全般 プロファイル設定を構成し、スマート グループに割り当てます。
  3. 資格情報 タブを選択し、必要な証明書をアップロードします。
  4. 保存して公開 をクリックし、証明書をデバイスに配布します。
    F5VPN1.png

 

アプリケーション構成を使用した F5 のセットアップ方法

  1. アプリとブック > アプリケーション > リスト表示 > パブリック と進みます。
  2. アプリケーションを追加 をクリックし、プラットフォーム フィールドで Android を選択します。
  3. F5 を検索し、+選択 ボタンをクリックして追加します。
  4. 割り当て タブの アプリケーション構成を送信 を有効にします。F5 でサポートされているパラメータが表示されます。 
  5. VPN Configurations (VPN 設定) の横の Configure (構成) をクリックして、追加のオプションを表示/構成します。
    F5VPN2.png

    F5VPN3.png

     

  6. Save Configuration (構成を保存) をクリックします。
  7. 保存して割り当て をクリックしてアプリの保存と割り当てを行い、公開 をクリックしてアプリをデバイスに展開します。

 

認証に証明書を使用する場合の追加ステップ

  • Client Certificate (クライアント証明書) に証明書のフレンドリ名を入力します。このフレンドリ名は、ユーザー デバイスの F5 画面に表示されます。OS による確認メッセージが表示されたら、エンドユーザーはこの証明書を選択する必要があります。エンドユーザーのデバイスに表示される画面は、下図のようになります。この例では、フレンドリ名は「certificate xyz」になっています。
  • 以下のオプションは不要なので削除します。
    • タイトルが「Client certificate」、説明が「Client certificate」のオプション
    • タイトルが「Client certificate password」、説明が「Client certificate password」のオプション

F5VPN4.png F5VPN5.png F5VPN6.png

免責事項:これは英文の記事「Configuring F5 VPN when using Android for Work」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.