Android 向け VMware AirWatch® プラットフォーム OEM サービス 3.0 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、Android 向け AirWatch プラットフォーム OEM サービス 3.0 の一般公開のお知らせです。

 

最新バージョンの新機能

  • AAGNT-178029: SD カードの制限
  • AAGNT-178254: ファイル/アクションからの OS アップグレード

 

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、Android 向け AirWatch プラットフォーム OEM サービス 3.0 をダウンロードしてください。 

最小要件

  • AirWatch Agent 7.1+
  • プラットフォーム OEM サービス検証済みデバイス
  • Android 4.4+
  • AirWatch 8.4+

Android 向け AirWatch プラットフォーム OEM サービス 3.0 のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合 – AirWatch コンソールから社内アプリとしてプッシュできます。ユーザーに通知することなく、アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。 
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合 – myAirWatch Resources ポータルからダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。
  • このサービスが使用できるかどうかは、各 OEM での公式な検証の結果に依存します。

 

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

 

敬具

AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware AirWatch® Platform OEM Service 3.0 for Android」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.