VMware AirWatch Windows Unified Agent 9.1.0 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、VMware AirWatch Windows Unified Agent 9.1.0 の一般公開のお知らせです。

 

最新バージョンの新機能

  • AMST-1487: BitLocker サポートの強化
    • AirWatch から BitLocker ライフサイクル全体を管理。
    • デバイスで使用されているストレージ領域のみを暗号化、デバイスの TPM チップを使用、TPM + PIN 認証かパスワード認証かを設定、BitLocker の一時停止期間を設定、静的リカバリ キーを設定、などの機能を追加。
  • DELL-16: Dell Command | Monitor との統合
    • AirWatch Agent に Dell Command | Monitor 統合機能を追加。この統合により、Agent は Dell Command | Monitor ツールを介して、バッテリ劣化状態、TPM ステータス、BIOS バージョンなどの属性情報を取得することが可能になりました。この機能を利用してレポートを実行することで、どのデバイスが順守状態か、どのデバイスでバッテリ交換が必要か、などを判断することができます。
    • BIOS パスワード設定やその他の BIOS 設定 (TPM、仮想化 I/O、CPU 仮想化) の有効化が可能に。これらの設定を有効化することで、Windows 10 が提供する、ハードウェア依存の各種セキュリティ機能を利用できるようになります。

 

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、AirWatch Windows Unified Agent 9.1.0 をダウンロードしてください。 

最小要件

  • Windows 10 デバイス
  • AirWatch 9.1+

AirWatch Windows Unified Agent 9.1.0 のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合 – プロンプトが表示されたらアプリを更新するよう、エンドユーザーに指示してください。アプリが既存のバージョンから新しいバージョンへシームレスに更新されます。企業にとって重要なデバイス機能に影響を与えることはありません。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合 – awagent.com または AirWatch リソース ポータルからこのアプリをダウンロードするよう、エンドユーザーに指示してください。

 

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

 

敬具

AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware AirWatch Windows Unified Agent 9.1.0」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.