iOS、macOS、tvOS デバイス用のカスタム MDM コマンド

AirWatch 9.1 では、iOS、macOS、tvOS の各デバイスに対してカスタム MDM コマンドを適用できるようになりました。たとえば、新バージョンの OS を搭載した新しいデバイスに対して、Apple 社が MDM の新機能を導入したとします。機能の内容によっては、AirWatch の UI が完全対応し、さらにその AirWatch バージョンが利用可能になるのを待たずに、貴社環境でその MDM 機能を利用したくなる場合もありえます。以前のバージョンの AirWatch では、カスタム XML プロファイルを使用することで、上記のような最新 OS/デバイスに導入された新しいプロファイル オプションや制限を利用することができました。AirWatch 9.1 では、さらに別の方法でも、下記の例のような、新たに導入された MDM コマンドを送信することができるようになりました。

AirWatch 9.1 以降の環境でこのようなカスタム コマンドを送信するには、AirWatch コンソールで デバイス > リスト表示 と進み、目的のデバイスを選択します。続いて、その他のアクション > カスタム コマンド を選択し、デバイスに送信するコマンド XML を入力します。カスタム コマンドは、コンソールの 一括管理 での設定に応じて、一度に複数のデバイスに送信することができます。また、これらのカスタム コマンドは AirWatch API 経由で送信することもできます。

対象デバイスで利用可能な MDM コマンドはすべて『Mobile Device Management (MDM) Protocol』に記載されています。この情報は、特定のコマンドや機能が AirWatch コンソールの UI でまだサポートされていない場合、対応するコマンド XML を生成する際に利用できます。

 

カスタム MDM コマンドの例

デバイスのシャット ダウン (iOS 10.3+ 監視モードのみ)

# デバイスを即座にシャット ダウンします。

<dict>
     <key>RequestType</key>
     <string>ShutDownDevice</string>
</dict>

 

デバイスの再起動 (iOS 10.3+ および tvOS 10.2+ 監視モードのみ)

# デバイスを即座に再起動します。パスコード ロックされているデバイスは、
# 再起動後に Wi-Fi ネットワークに再接続しないため、サーバと通信することはできません。

<dict>
     <key>RequestType</key>
     <string>RestartDevice</string>
</dict>

 

コンピュータ名/ホスト名の設定 (macOS 10.9+)

# DeviceName キーで ComputerName と LocalHostName を設定します。
# HostName キーで HostName を設定します。
# デバイス上で次のコマンドで確認できます。
# /usr/sbin/scutil --get ComputerName/LocalHostName/HostName

<dict>
     <key>RequestType</key>
     <string>Settings</string>
     <key>Settings</key>
     <array>
          <dict>
               <key>Item</key>
               <string>DeviceName</string>
               <key>DeviceName</key>
               <string>test‐ComputerName‐test</string>
          </dict>
          <dict>
               <key>Item</key>
               <string>HostName</string>
               <key>HostName</key>
               <string>test‐HostName‐test</string>
          </dict>
     </array>
</dict>

 

免責事項:これは英文の記事「Introducing custom MDM commands for iOS, macOS, and tvOS devices」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.