VMware Identity Manager - MS SQL DB 構成時のオプション

目的

既定値以外のデータベース名とサービス アカウント資格情報を使用するように構成します。 

 

解決方法

vIDM データベースとして MS SQL Server を準備する方法は、記事「Microsoft SQL データベースの構成」を参照してください。

注:上記の記事に記載されたサンプル コードで、必要に応じて以下の変数を置き換えてください。

  • saas - 1 行目以降:
    CREATE DATABASE saas
    「saas」を任意のデータベース名に置き換えます。
  • horizon - 6 行目以降:
    CREATE LOGIN horizon WITH PASSWORD = N'H0rizon!';
    「horizon」を任意のサービス アカウント ユーザー名に置き換えます。
  • H0rizon! - 6 行目以降:
    「H0rizon!」を任意のサービス アカウント パスワードに置き換えます。
  • これらの変数は複数の行で使用されている点に注意してください。

 

 

 

免責事項:これは英文の記事「VMware Identity Manager - Options available for configuring MS SQL DB」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.