コンソール サーバおよびデバイス サービス サーバ上のすべての Web サイトおよびサービスを停止する方法

AirWatch コンソール サーバとデバイス サービス サーバを停止する (無効にする) には、各コンソール サーバおよびデバイス サービス サーバですべての AirWatch サービスとインターネット インフォメーション サービス (IIS) Web サイトを停止する必要があります。これらを停止すると、事実上 AirWatch の機能全体が停止します。コンソールにアクセスできなくなり、デバイスもデバイス サービスに接続できなくなります。ただし、エンタープライズ統合サービス (EIS)、SEG、AirWatch Tunnel、ACC は補助コンポーネントなので、これらのコンポーネントを停止するには、別途作業が必要です。

すべての Web サイトおよびサービスを停止する

専用の API サーバおよび AWCM サーバは、AirWatch コンソール サーバおよび AirWatch デバイス サービス サーバと同様、アプリケーション サーバであると見なされます。したがって、これらのコンポーネント専用サーバがある場合、これらのサーバ上で後述の手順を実行する必要があります。

警告:SEG を AirWatch コンソール サーバ上または AirWatch デバイス サービス サーバ上で実行している場合、AirWatch EAS 統合サービスまたは World Wide Web Publishing Service を停止しないでください。これは、アップグレード プロセス中でも E メール トラフィックがブロックされないようにするためです。 

次の手順により、すべての Web サイトおよびサーバを停止できます。

  • 各 AirWatch サーバで、システム マネージャの サービス ペインから各 AirWatch サービスを手動で停止します。
  • 各 AirWatch コンソール サーバおよびデバイス サービス サーバで World Wide Web Publishing Service を停止します。
  • AirWatch サービスまたは IIS を手動で再起動できるモニタリング サービス (たとえば、Nagios) があれば無効にします。

アプリケーション サーバ サービスを停止する

各 AirWatch コンソール サーバおよびデバイス サービス サーバから、次の手順を実行します。

  1. サーバー マネージャーを開きます。
  2. ツール > サービス の順に進みます。
  3. サービス リストの上部にすべての AirWatch サービスがアルファベット順で表示されます。これらのサービスの名前はそれぞれ「AirWatch」で始まります。これらの各サービスを右クリックし、停止 をクリックします。
  4. この作業を繰り返してすべての AirWatch サービスを停止します。
  5. World Wide Web Publishing Service を停止します。

免責事項:これは英文の記事「How to stop all websites and services on the Console and Device Services servers」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.