Android 向け VMware Tunnel に向けての準備

Android デバイス向けの AirWatch Tunnel は次期リリースから「VMware Tunnel」に名前が変更されます。iOS 向け VMware Tunnel の場合とは異なり、現在 Android デバイスで AirWatch Tunnel を使用しているユーザーは、特別な操作をしなくても、通常のアプリ更新手順で AirWatch Tunnel を VMware Tunnel にアップグレードできます。

この Android 向け VMware Tunnel の次期バージョンでは、ユーザー エクスペリエンス向上を目的としたいくつかの更新が加えられており、エンドユーザーに表示されるデータやオプションがより効率的かつ簡略なものに変更されています。貴社環境のエンドユーザー向けにドキュメントを作成している場合は、VMware Tunnel がリリースされた後にそのドキュメントを見直し、ユーザー インターフェイスの記述などを VMware Tunnel の最新バージョンに合わせて更新することをお勧めします。

VTfA_1.png  VTfA_2.png

免責事項:これは英文の記事「Getting Ready for VMware Tunnel for Android」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.