iOS ログの収集

Xcode によるデバイス ログ収集

Xcode は、一連のソフトウェア開発ツールを包含した Apple 社提供の統合開発環境 (IDE) で、macOS および iOS のソフトウェアを開発するために使用されます。また、Xcode は、iOS デバイスでの問題を調査するためのデバイス ログを取得する際にも役立ちます。Xcode の実行には Apple 社製コンピュータが必要です。Xcode のソフトウェアは Mac App Store から無料で入手できます。

Xcode を使用してデバイス ログを収集する方法

  1. 対象の iOS デバイスを、Xcode を実行する macOS デバイスに接続します。
  2. Xcode を起動し、画面上部メニュー バーの Window をクリックして、Devices を選択します。 
    Xcode.png
  3. 左ペインで対象のデバイスを選択します。
  4. ウィンドウの左下にある上矢印をクリックします。
    Window.png
  5. ログの内容をコピーし、任意のテキスト ファイルに貼り付けます。

Apple Configurator 2 によるデバイス ログ収集

Apple Configurator は、物理的な USB 接続を介して企業の iOS デバイスを構成および展開するための、無料の macOS ツールです。Apple Configurator は主に、iPhone や iPad をエンドユーザーに支給する前に IT 管理者がそれらのデバイスの構成や設定を行うために使用されます。 

管理者は、構成プロファイルを作成したり、iPhone 構成ユーティリティから既存の構成プロファイルをインポートしたり、特定のオペレーティング システム バージョンをインストールしたりできます。また、モバイル デバイスのセキュリティ ポリシーを適用することもできます。さらに、Apple Configurator 2 は、iOS デバイスでの問題を調査するためのデバイス ログ収集にも使用できます。 

Apple Configurator 2 を使用してデバイス ログを収集する方法

  1. 対象の iOS デバイスを、Apple Configurator 2 を実行する macOS デバイスに接続します。
  2. Apple Configurator 2 を起動し、メイン ウィンドウの一覧から対象のデバイスを選択します。
    Main_Window.png
  3. 左のペインで Console を選択します。
    Console.png
  4. ログの内容をコピーし、任意のテキスト ファイルに貼り付けます。

Xcode を使用してクラッシュ ログを収集する方法

  1. 対象の iOS デバイスを、Xcode を実行する macOS デバイスに接続します。
  2. Xcode を起動し、画面上部メニュー バーの Window をクリックして、Devices を選択します。
  3. View Device Logs をクリックします。 
    Logs.png
  4. 目的のクラッシュ ログを選択し、内容をコピーして任意のファイルに貼り付けるか、任意のディレクトリにエクスポートします。


免責事項:これは英文の記事「Gathering iOS Logs」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.