SaaS 環境からの SMTP 通信で使用する E メール アドレスを noreply@awmdm.com に変更

AirWatch クラウド オペレーション チームは 5 月 4 日より順次、AirWatch SaaS 環境からの SMTP 通信で使用される既定の E メール アドレスを「noreply@air-watch.com」から「noreply@awmdm.com」に変更します。この E メール アドレスの変更はすべての SaaS 環境で実施され、現在、下記の画面で「noreply@air-watch.com」を使用しているすべての組織グループに適用されます。

  • 設定 > システム > エンタープライズ統合 > E メール (SMTP)
  • 設定 > デバイスとユーザー > 全般 > 加入 > カスタマイズ

noreply@air-watch.com」以外の E メール アドレスが使用されている場合、これらの設定は変更されません。

SaaS サービスを引き続きご利用いただけるよう、この変更に合わせて貴社 IT 部門に社内システム (迷惑メール フィルタ、ネットワーク規則、など) の更新をご依頼いただくことをお勧めします。

AirWatch SaaS の IP 範囲については、弊社のナレッジ ベース記事「AirWatch SaaS データ センターの IP 範囲」を参照してください。

この変更は、AirWatch SaaS 環境から特定の受信サーバに E メールを送信する際、メール サーバの構成やセキュリティ設定によって問題が生じる可能性を最小限に抑えるためのものです。具体的には、AirWatch 環境から送信される E メールの送信元 IP と E メール アドレスが一致するようにすることが目的です。

この変更は 2017 年 5 月 4 日から順次、実施される予定です。

免責事項:これは英文の記事「noreply@awmdm.com to be used for SMTP communication from SaaS environments」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

4 Comments

Article is closed for comments.