Android 向け VMware AirWatch SDK 16.10.2 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、Android 向け AirWatch SDK 16.10.2 の一般公開のお知らせです。

最新バージョンの新機能

  • FIPS 準拠暗号化アルゴリズムを追加。

 

最新バージョンでのバグ修正

  • ASDK-167868: 設定を更新しても SDK で設定変更リスナーが呼び出されない問題を解決。
  • ASDK-167774: Inbox での SDK 認証機能の問題に対応。これにより、ログイン時に入力するユーザー名の大文字/小文字が区別されることがなくなりました。
  • ASDK-167906: SDK を使用する管理対象の社内アプリが Container により信頼されない問題を解決。
    :この問題を完全に解決するには、新しい Container (リリース予定) が必要です。
  • ASDK-167283: 認証局の証明書を使用して統合認証できない問題を解決。

 

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、関連するナレッジ ベース記事をご覧いただき、最小要件を確認したうえで、Android 向け AirWatch SDK 16.10.2 をダウンロードしてください。 

このリリースでの予期される動作については、記事「Android 向け AirWatch SDK 16.10.2 での SSO および MAG プロキシの予期される動作」を参照してください。

最小要件

  • Android 4.0.3+ (Ice Cream Sandwich)
  • AirWatch コンソール 8.2+ (ご利用の機能によってはより新しいバージョンが必要)

Android 向け AirWatch SDK 16.10.2 のダウンロード手順

  • すでに SDK をご利用の場合 – 前回 SDK をダウンロードしたときと同じ myAirWatch のリンクを使用して、SDK をダウンロードしてください。
  • 初めて SDK をご利用になる場合 – 貴社の AirWatch アカウント担当者宛てに、ダウンロード権限のリクエストをお送りください。

 

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

敬具

AirWatch チーム

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.