Linux Content Gateway サーバの Java のバージョンを手動で更新する方法

1. Content Gateway サービスを停止します (コマンド「service content-gateway stop」を実行)。表示される JVM のバージョンを書き留めてください。

     [root@javacg unix]# service content-gateway stop
          Stopping content-gateway ...
          YAJSW: yajsw-stable-11.09
          OS   : Linux/2.6.32-642.el6.x86_64/amd64
          JVM  : Oracle Corporation/1.8.0_121//usr/java/jre1.8.0_121/64
          Jan 20, 2017 4:48:48 AM org.apache.commons.vfs2.VfsLog info
          INFO: Using "/tmp/vfs_cache" as temporary files store.
          Jan 20, 2017 4:48:49 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService init
          INFO: /etc/init.d/content-gateway already exists
          ************* STOPPING content-gateway ***********************
           
          Jan 20, 2017 4:48:49 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService getPid
          INFO: wrapper pid file: /opt/airwatch/content-gateway/wrapper.content-gateway.pid
          Jan 20, 2017 4:48:49 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService stopProcess
          INFO: stop daemon with pid 30394
          Jan 20, 2017 4:48:55 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService getAppPid
          INFO: app pid file: /opt/airwatch/content-gateway/wrapper.java.content-gateway.pid
          Jan 20, 2017 4:48:55 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService stopProcess
          INFO: stop daemon app with pid -1
          Jan 20, 2017 4:48:55 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService getPid
          INFO: wrapper pid file: /opt/airwatch/content-gateway/wrapper.content-gateway.pid
          Service content-gateway stopped

 

2. 新しいバージョンの Java をインストールします。

3. Content Gateway サービスを起動し (コマンド「service content-gateway start」を実行)、JVM のバージョンを確認します。JVM が新しいバージョンになっていれば、特に設定の変更を加えなくても、Content Gateway で正しくそのバージョンが使用されていることを示しています。その場合は、サービスを停止し、ステップ 8 に進んでください。

4. Java が新しいバージョンに更新されていることを確かめたうえで、which コマンドを使用して Java のインストール パスを確認します。

     [root@javacg unix]# java -version
          java version "1.8.0_121"
          Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
          Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)
 
     [root@javacg service]# which java
          /usr/bin/java
          
     [root@javacg service]# ls -l /usr/bin/java
          lrwxrwxrwx. 1 root root 22 Jan 20 04:23 /usr/bin/java -> /etc/alternatives/java
          
     [root@javacg service]# ls -l /etc/alternatives/java
          lrwxrwxrwx. 1 root root 31 Jan 20 04:23 /etc/alternatives/java -> /usr/java/jre1.8.0_121/bin/java

 

5. /opt/airwatch/content-gateway/service/unixsh ファイルで、新しい Java のインストール パスを指定します。「java_exe=」で始まる行を探し、そのパスを新しいインストール パスに変更してください。

6. /opt/airwatch/content-gateway/service/confconf ファイルで、新しい Java のインストール パスを指定します。「wrapper.java.command=」で始まる行を探し、そのパスを新しいインストール パスに変更してください。

7. 次のコマンドを実行してサービスを再インストールします。

     [root@javacg service]# /opt/airwatch/content-gateway/service/unix/uninstallContentGatewayService.sh
          java version "1.8.0_121"
          Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
          Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)
          YAJSW: yajsw-stable-11.09
          OS   : Linux/2.6.32-642.el6.x86_64/amd64
          JVM  : Oracle Corporation/1.8.0_121//usr/java/jre1.8.0_121/64
          Jan 20, 2017 4:57:49 AM org.apache.commons.vfs2.VfsLog info
          INFO: Using "/tmp/vfs_cache" as temporary files store.
          Jan 20, 2017 4:57:49 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService init
          INFO: /etc/init.d/content-gateway already exists
          
          ************* REMOVING content-gateway ***********************
          Jan 20, 2017 4:57:50 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService stop
          INFO: Stopping content-gateway ...
          YAJSW: yajsw-stable-11.09
          OS   : Linux/2.6.32-642.el6.x86_64/amd64
          JVM  : Oracle Corporation/1.8.0_121//usr/java/jre1.8.0_121/64
          
          ************* STOPPING content-gateway ***********************
          Service content-gateway stopped
          
          Jan 20, 2017 4:57:50 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService getPid
          INFO: wrapper pid file: /opt/airwatch/content-gateway/wrapper.content-gateway.pid
          Jan 20, 2017 4:57:50 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService getPid
          INFO: wrapper pid file: /opt/airwatch/content-gateway/wrapper.content-gateway.pid
          Service content-gateway removed
          
[root@javacg service]# /opt/airwatch/content-gateway/service/unix/installContentGatewayService.sh java version "1.8.0_121" Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13) Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode) YAJSW: yajsw-stable-11.09 OS : Linux/2.6.32-642.el6.x86_64/amd64 JVM : Oracle Corporation/1.8.0_121//usr/java/jre1.8.0_121/64 Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.apache.commons.vfs2.VfsLog info INFO: Using "/tmp/vfs_cache" as temporary files store. ************* INSTALLING content-gateway *********************** Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService getPid INFO: wrapper pid file: /opt/airwatch/content-gateway/wrapper.content-gateway.pid Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService install WARNING: created daemon script: /etc/rc.d/init.d/content-gateway Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService install INFO: created link : /etc/rc4.d/S2content-gateway Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService install INFO: created link : /etc/rc3.d/S2content-gateway Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService install INFO: created link : /etc/rc5.d/S2content-gateway Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService install INFO: created link : /etc/rc2.d/S2content-gateway Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService install INFO: created link : /etc/rc0.d/K2content-gateway Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService install INFO: created link : /etc/rc1.d/K2content-gateway Jan 20, 2017 4:58:00 AM org.rzo.yajsw.os.posix.PosixService install INFO: created link : /etc/rc6.d/K2content-gateway Service content-gateway installed

 

8. Content Gateway サービスを再起動します (コマンド「service content-gateway restart」を実行)。サービスが正常に起動すれば、以降のステップは必要ありません。サービスが正常に起動しない場合は、ステップ 9 に進みます。

9. OpenJDK ディストリビューションの中には、強度が無制限の管轄ポリシーがプリインストールされているものがあります。前のステップで「java.security.InvalidKeyException: Illegal key size」というエラーで起動に失敗した場合は、インストールされている Java に対して適切な JCE (Java Cryptography Extension) ポリシー ファイルを適用する必要があります。  

10. ご利用の Java バージョンに応じた JCE ポリシー ファイル (通常は jce_policy-#.zip のような名前) をダウンロードします。Java 8 の場合は、JCE ポリシー ファイルはここから入手できます。

11. この ZIP ファイルには local_policy.jar と US_export_policy.jar というファイルが含まれています。これらのファイルを Java インストール パスの下の lib/security ディレクトリにコピーします。上記の例では、/usr/java/jre1.8.0_121/lib/security/ になります。
注:そのディレクトリにすでに同名のファイルが存在する場合は 上書きしてください。

12. Content Gateway サービスを再起動し (コマンド「service content-gateway restart」を実行)、結果を確認します。

免責事項:これは英文の記事「How to manually update the Java version on the Linux Content Gateway server」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.