iOS 向け VMware AirWatch SDK 5.9.3.2 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、iOS 向け AirWatch SDK v5.9.3.2 の一般公開のお知らせです。

最新バージョンの新機能

  • ISDK-169041: iOS 10.3 サポートを追加。

最新バージョンでのバグ修正

  • ISDK-168898: 有効期限が切れた統合認証の証明書が更新されない問題を解決。
  • ISDK-169030: 不必要な認証プロンプトの原因となっていた認証の競合状態を解消。
  • ISDK-168964: アプリケーションから Tunnel プロキシ経由で、SDK プロファイルでホワイトリスト登録されていない URL に接続できてしまう問題を解決。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、iOS 向け AirWatch SDK v5.9.3.2 をダウンロードしてください。 

最小要件

  • iOS 7 +
  • AirWatch コンソール 8.2+ (ご利用の機能によってはより新しいバージョンが必要)

iOS 向け AirWatch SDK v5.9.3.2 のダウンロード手順

  • すでに SDK をご利用の場合 – 前回 SDK をダウンロードしたときと同じ myAirWatch のリンクを使用して、SDK をダウンロードしてください。
  • 初めて SDK をご利用になる場合 – 貴社の AirWatch アカウント担当者宛てに、ダウンロード権限のリクエストをお送りください。

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

 

敬具

AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware AirWatch SDK 5.9.3.2 for iOS」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.