iOS 10.3 に向けての準備

重要:AirWatch アプリケーション、SDK、アプリ ラッピングをご使用のお客様へお願い

AirWatch を使って iOS デバイスを管理し、AirWatch アプリケーション、SDK、またはアプリ ラッピングを活用されているお客様は、iOS 10.3 のリリースにあたり、更新の準備をしていただく必要があります。この更新準備を行わずにデバイスを iOS 10.3 にアップグレードすると、誤って侵害状態と認識され、意図せずワイプまたは加入解除されるおそれがあります。さらに、モバイル E メール管理 (MEM) を構成している場合は、侵害デバイスで E メールを受信できなくなる可能性もあります。すべての該当アプリをアップデートせずに iOS 10.3 にアップグレードしたことでデバイスが侵害状態と記録されてしまった場合は、そのデバイスのすべての該当アプリをアップデートしたうえで AirWatch コンソールに通知を送り、デバイスの状態を「侵害なし」に戻す必要があります。この通知は、AirWatch SDK を含むアプリのいずれかを開くことで、AirWatch コンソールに送信されます。

上記の挙動は、Apple 社が iOS 10.3 でファイル システムを Apple File System (APFS) に更新したことによるものです。このファイル システムの変更により、既存の AirWatch 侵害検出が当初の設計どおり機能しなくなります。Apple File System (および iOS 10.3) での侵害検出に完全対応するため、AirWatch はすべての AirWatch アプリ、アプリ ラッピング エンジン、および AirWatch SDK について、新しいバージョンをリリースすることにしました。

iOS 10.3 のリリース前に以下の更新準備を行えない場合は、侵害対策機能および侵害検出の順守ポリシーを一時的に無効にすることを推奨します。

この記事の受信登録 (SUBSCRIBE) を行い、常に最新の情報を入手できるようにしてください。

エンドユーザーへのお知らせ

貴社の管理部門やユーザー サポート部門からエンドユーザーに、最新バージョンのアプリを使用してもらうように依頼する E メール テンプレートをご用意しました。このテンプレートはここから入手できます。

iOS 向け AirWatch アプリの iOS 10.3 サポート

iOS 10.3 のリリースよりも前に、エンドユーザーが使用している iOS アプリがすべて、iOS 10.3 に対応した下記のバージョン以降になっていることを確認してください。まだ入手できないアプリもありますが、いずれも今後数週間でリリースされる予定です。アプリのリリースに合わせ、下記の表も更新されます。これらのアプリは、iOS 10.3 のリリースの前に、App Store で入手できるようになる予定です。

アプリ バージョン

Agent

5.4.2

Boxer

4.1

Browser

5.12.1

Container

2.5

Content Locker

3.12.1

Inbox

3.2

Tunnel

該当なし

Video

1.12.1

Workspace ONE

2.3.0

注:AirWatch Teacher Tools には iOS 10.3 対応リリースはありません。Teacher Tools をご利用の場合は、詳細についてこちらの記事を参照してください。

デバイスにアプリのアップデートをプッシュする方法については、記事「割り当てられた全ユーザーにアプリのアップデートをプッシュする方法」を参照してください。

 

iOS 向け AirWatch SDK 5.9.3.3 の iOS 10.3 サポート

現在、AirWatch SDK を使って開発したアプリを利用している場合は、iOS 向け AirWatch SDK 5.9.3.3 を使ってアプリを更新する必要があります。  

AirWatch SDK を使用している iOS アプリはすべて、AirWatch SDK 5.9.3.3 でビルドし直す必要があります。更新したアプリは、iOS 10.3 へのアップグレードに備えて、事前に各デバイスに展開してください。

 

iOS 向け AirWatch アプリ ラッピング 5.3.1 の iOS 10.3 サポート

AirWatch アプリ ラッピング サービスを使用して展開されているアプリはすべて、AirWatch アプリ ラッピング エンジン 5.3.1 でラッピングし直す必要があります。

以前のバージョンのアプリ ラッピング エンジンを使用して展開されている iOS アプリはすべて、最新のラッピング エンジンでラッピングし直す必要があります。更新してラッピングし直したアプリは、iOS 10.3 へのアップグレードに備えて、事前に各デバイスに展開してください。

アプリをラッピングし直すには、次の手順に従います。

  • アプリの新しいバージョンをビルドします。現在 AirWatch に展開されているバージョンよりもバージョン番号が大きくなるようにしてください。
  • アプリとブック > アプリケーション > リスト表示 > 社内 と進み、ビルドし直したアプリを AirWatch にアップロードします。
  • アプリ ラッピング タブに移動し、アプリをラッピングし直します。

アプリ ラッピングの詳細は、『VMware AirWatch App Wrapping Guide』(VMware AirWatch アプリ ラッピング ガイド) を参照してください。

免責事項:これは英文の記事「Getting ready for iOS 10.3」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

5 Comments

Article is closed for comments.