iOS 10.3 ベータ版にアップグレードしたデバイスが AirWatch で侵害状態と認識される場合がある

説明

iOS 10.3 での OS の変更に伴い、iOS 10.3 ベータ版にアップグレードしたデバイスは、AirWatch で侵害状態と認識される場合があります。この問題は、AirWatch アプリ、AirWatch アプリ ラッピング サービスによりラッピングされたアプリ、または AirWatch SDK を組み込んだアプリを使用している iOS デバイスで発生します。順守ポリシーで侵害デバイスに対するアクションを設定している場合は、これらのデバイスに対して、そのアクションが実行されます。また、設定 > アプリ > 設定とポリシー > セキュリティ ポリシー侵害対策 を有効にしている場合、そのデバイスは侵害状態と認識され、企業情報ワイプが実行されます。

解決方法

この問題は、デバイスの OS を iOS 10.2 の最新パブリック リリースにダウングレードすることで回避できます。これにより、デバイスの侵害状態が正しく認識されるようになります。ご利用のデバイスで iOS 10.3 をお使いいただくための情報は、「iOS 10.3 に向けての準備」を参照してください。

侵害対策を無効にする方法については、こちらの記事を参照してください。

免責事項:これは英文の記事「iOS devices that upgrade to iOS 10.3 Beta may be flagged in AirWatch as Compromised」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.