Windows デスクトップ向け VMware AirWatch SCCM 統合クライアント 1.0.0 リリースのお知らせ

Windows デスクトップ向け VMware AirWatch® SCCM 統合クライアント 1.0.0 リリースのお知らせ

VMware Workspace ONE チームから、Windows デスクトップ向け AirWatch SCCM 統合クライアント 1.0.0 の一般公開のお知らせです。

SCCM 統合クライアントを使用することで、MDM と SCCM を併用して、貴社のニーズに最適な管理モデルを構築することができます。このアプリは、SCCM で管理しているデバイスが AirWatch に加入するために必要です。管理者は、デバイスを AirWatch に加入する前に、この SCCM 統合クライアントをデバイスに展開する必要があります。クライアントは、SCCM を使用してサイレント インストールすることも、手動でインストールすることもできます。

Windows デスクトップ向け AirWatch SCCM 統合クライアント 1.0.0 の主要機能

  • SCCM 管理デバイスでの MDM 加入が可能に
    • デバイスに SCCM をインストールすると通常、MDM 加入は無効にされます。しかし、AirWatch SCCM 統合クライアントを使用することで、SCCM と並行して MDM を利用できるので、1 台のデバイスに対し両方の管理モデルを利用できます。
  • MSI アプリケーションとしてパッケージ化
    • このアプリケーションは MSI パッケージになっており、デバイスを MDM に加入する際に SCCM を使用してクライアントをサイレント インストールすることができます。
    • AirWatch Resources ポータルから Windows デスクトップ向け AirWatch SCCM 統合クライアント 1.0.0 をダウンロードしてください。

Windows デスクトップ向け AirWatch SCCM 統合クライアント 1.0.0 のダウンロード方法

Windows デスクトップ向け VMware AirWatch SCCM 統合クライアント 1.0.0 のインストール方法の詳細は、記事「VMware AirWatch SCCM 統合クライアント」を参照してください。

お問い合わせ

サポートが必要な場合は、My Workspace ONE からチケットを提出するか、貴社のサポート ラインにご連絡ください。

 

敬具

VMware Workspace ONE チーム

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware AirWatch SCCM Integration Client 1.0.0 for Windows Desktop」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.