ARES-329: 同じプロファイル インストール コマンドが重複してキューに登録される場合がある - AirWatch 9.1 で解決

対象バージョン

AirWatch 8.4.0、8.3.0

ID

ARES-329

現象

同時に実行されるプロファイル コマンド同期が複数存在すると、同じプロファイル インストール コマンドが 2 つ、コマンド キューに登録されます。結果としてデバイスでは、そのコマンドに伴う処理が重複して 2 度、実行されます。新しい EAS プロファイルをインストールする場合などでは、プロファイルが AirWatch からデバイスにプッシュされたときに、ユーザーに対し確認メッセージが 2 回、表示されることになります。

修正バージョン

AirWatch 9.1

免責事項:これは英文の記事「ARES-329: Identical install profile commands queued in some cases - Resolved in AirWatch 9.1」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

1 Comments

Article is closed for comments.