Windows Mobile 向け VMware AirWatch MDM Agent v6.0.40 リリースのお知らせ

VMware AirWatch® チームから、Windows Mobile 向け AirWatch MDM Agent v6.0.40 の一般公開のお知らせです。 

最新バージョンの新機能

  • WMAGNT-2685: Windows Remote Management (WinRM) 4.0 のサポート。

Windows Remote Management 4.0 による改善および機能:

  • リモート セッションでの応答速度を改善。
  • デバイスの機種固有のキーをクリックできるデバイス カスタム スキン。まるで手元にあるかのように操作できます。キーを正しくマッピングするため、この機能には認定を受けたデバイスが必要です。サポートされていないデバイスについては、現時点では既定のスキンが適用されます。
  • HTML5 コンソールによる、軽快で優れたユーザー エクスペリエンス。以前の AirWatch Remote Management で必要だった Java は必要なくなりました。
  • リモート セッションの時刻と期間を追跡するための監査ログ。

最新バージョンでのバグ修正

  • WMAGNT-2670: デバイスを再加入するとジョブが処理されないままプロダクトが順守状態と認識される問題を解決。
  • RUGG-943: 再加入後、プロビジョニング解除を行うと、「デバイスが未登録」と表示されてリモート管理が機能しなくなる問題を解決。

お客様にとってのメリット

これらのメリットを取り入れるためにも、最小要件を確認し、Windows Mobile 向け AirWatch MDM Agent v6.0.40 をダウンロードしてください。 

最小要件

  •  Windows Mobile 5.0 以降、または Windows CE 5 以降 

Windows Mobile 向け AirWatch MDM Agent v6.0.40 のダウンロード手順

  • 以前のバージョンがインストールされている場合 - AirWatch Windows Mobile MDM Agent の以前のバージョンがすでにデバイスにインストールされている場合は、Agent をアップグレードしてください。アップグレードの手順については、「Windows Mobile Platform Guide」(Windows モバイル プラットフォーム ガイド) を参照してください。
  • 以前のバージョンがインストールされていない場合 - AirWatch Windows Mobile MDM Agent の以前のバージョンがデバイスにインストールされていない場合は、次の方法で入手できます。
    • SaaS 環境の場合:ウェブベースの加入プロセスに従い AirWatch コンソールからインストールするか、コンソールから CAB ファイルを入手してサイドロードしてください。または、プロダクト プロビジョニング セクションで、サイドロード ステージング、バーコード加入 (Motorola デバイスのみ)、オンデマンドなどの各種代理セットアップ方式を利用してください。詳細については、ユーザー ガイドを参照してください。
    • オンプレミス環境の場合:Ask Resource ポータルからダウンロードしてください。

お問い合わせ

サポート リクエストを発行するには、貴社の AirWatch サポート ラインに連絡するか、myAirWatch からサポート リクエストを提出してください。

敬具

AirWatch チーム

免責事項:これは英文の記事「Introducing VMware AirWatch MDM Agent v6.0.40 for Windows Mobile 」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

0 Comments

Article is closed for comments.