APNs 証明書の更新方法

概要

iOS デバイスを継続して管理するには、作成から 1 年後に MDM 用 APNs 証明書を更新する必要があります。

:この作業を行うには、AirWatch の管理者アカウントが最上位の組織グループにアクセスできるようにしておいてください。また、この作業は最初に証明書を読み込んだのと同じ組織グループ レベルで実行する必要があります。管理者アカウントが最上位の組織グループにアクセスできない場合、必要な設定を行えない可能性があります。

 

Apple Push Certificate Portal で APNs 証明書を更新する

:証明書の更新では、最初に証明書を取得する際に使用したものと同じ Apple ID を使用する必要があります。また、以前にコンソールにアップロードした証明書を更新する必要がある点にも注意してください。

別の Apple ID を使用した場合や、別の証明書を更新した場合には、目的の証明書を更新するのではなく、新たな証明書を生成することになります。この新しい証明書を Workspace ONE UEM (AirWatch) コンソールに適用すると、Workspace ONE UEM (AirWatch) コンソールと、元の証明書に関連付けられていた iOS デバイスとの間の通信ができなくなります。このような状態になると、元の証明書に関連付けられていた iOS デバイスすべてで再加入が必要になってしまいます。貴社のすべての iOS デバイスを再加入させる事態を避けるために、必ず同じ Apple ID を使用して、同じ証明書を対象に更新を実施してください。

  1. [グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [Apple] > [MDM の APNs] と進みます。
  2. [更新] をクリックします。
  3. 画面の指示に従い、AirWatch 証明書要求をクリックしてダウンロードします。必要に応じて「説明」を表示することもできます。
  4. [Apple のサイトを開く] をクリックします。
  5. 最初に Apple Push Certificates Portal Web サイトにサインインしたときに使用したものと同じ Apple ID を使用してサインインします。
    image011.png
  6. 更新する UID と同じ UID を持つ証明書を探します。
    image012.png
    image013.png
  7. [Renew] をクリックして有効期限が迫っている証明書を更新します。
    image014.png
  8. [Choose File] をクリックします。
  9. ダウンロードした .plist ファイルを指定し、[開く] をクリックします。
    image015_2.png
  10. [Upload] をクリックします。
    image016.png
  11. [Download] をクリックして新しい証明書をダウンロードします。これは更新された証明書ですが、Apple Certificate Portal 上は新たに作成した証明書と同じように表示されます。以降はこの更新された証明書を使用することになります。

Workspace ONE UEM (AirWatch) コンソールで証明書を指定する

  1. Workspace ONE UEM (AirWatch) コンソールに戻り、[次へ] をクリックします。
  2. Apple の署名済み証明書 (.pem ファイル) を AirWatch へアップロードします。Apple Push Certificates Portal Web サイトにサインインしたときに使用したものと同じ Apple ID を入力してください。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. セキュリティ暗証番号の入力を求められたら、暗証番号を入力します。
    注:最上位の組織グループで証明書の生成/更新を行う場合、サブグループの許可には [継承またはオーバーライド] を指定して [保存] をクリックしてください。

Other Languages: English

免責事項:これは英文の記事「How to renew an APNs Certificate」の日本語訳です。記事はベストエフォートで翻訳を進めているため、ローカライズ化コンテンツは最新情報ではない可能性があります。最新情報は英語版の記事で参照してください。

Have more questions? Submit a request

2 Comments

Article is closed for comments.